教員紹介

教員紹介

岡本 直貴

政治学科
岡本 直貴 准教授
Okamoto Naoki

教育・研究活動
主要担当科目 経済法
研究テーマ 独占禁止法と競争政策
教育・研究への取り組み  私は、「独占禁止法の域外適用」を研究テーマとしている。経済のグローバル化が指摘されてすでに久しいが、カルテル等の反競争的行為も今や国境を越えて行われている。このような事案に対して、国内法としての適用限界はいかほどか、抵触法・国際法との関係をどのように捉えるか、が主たる考察の対象である。
 また、講義・演習にあっては、私は「経済法の伝道者」を自ら任じて、「公正かつ自由な競争」の重要性と、この法益に対して我々が持つべき規範意識を説き続けている。担当科目の内容は主として独占禁止法であるが、下請法、景品表示法その他の経済関係諸法も視野に入れ、学生とともに研鑽を積んでゆきたい。
その他
受験生へのメッセージ  皆さんは法学部に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。入学前なら、「法学部に進学しようと思う。しかし大丈夫だろうか。だいたい法学部とは何を学ぶところなのだろうか…」。入学後なら、「法学部の中は今まで勉強したことがない分野だらけだ。法律学は難しい。砂を噛むような思いがする。自分には向いていないのではないか…」、などなど。  心配いりません。そんな時、皆さんは先生方にアクセスすればいいのです。私は、皆さんがそういう悩みを持って相談しに来ることを、心待ちにしているのです。叩けよ、さらば開かれん。私の研究室のドアは、いつでも開いていますよ。
趣味・特技 音楽(トロンボーン演奏)、書道
おすすめの作品 ジョージ・オーウェル『1984年』
ひとこと Ars longa, vita brevis.
出前講義
「法学入門」なのだ  私の出張講義は、「法学」についての入門的知識と、ものの考え方を提示しようとするものです。一般的・普遍的知見を示すことはもとより、「法学」内外から事例を求め、できるだけ具体的な説明を心がけております。 まず、普段「法」とは無縁な(と思われている)市民の、「法」ないし「法学」に対するイメージを提示します。次いで、具体的事例を念頭に置きながら、「法とは何ぞや」、「法はどのようにして用いられるのか」を概観します。できるだけ馴染み易い事例と説明により、法学のエッセンスをお伝えします。結びでは、これから「法学」に興味を持っていただき、その学習に着手するための心得めいたものを、まとめております。
「公正かつ自由な競争」と法~独占禁止法とその周辺 この講義は、経済政策に関する法規群(独占禁止法、景品表示法、下請法など)の内容と実際の運用を概説するものです。大学の法学部では、「経済法」という科目に当たります。普段耳目に接する(しかしなかなか気づかない)経済に関するニュースを追いながら、この法分野の全体像を示します。その内容は、カルテル、談合、独占、IT、プロ人材、ビッグデータ、不当表示、などなど様々です。