教員紹介

教員紹介

稻垣 美穂子

法律学科
稻垣 美穂子 准教授
Inagaki Mihoko

教育・研究活動
主要担当科目 民事訴訟法Ⅱ
研究テーマ 倒産法が利害関係人の実体権に与える影響についての検討。
債権者等の利害関係人がそれまで有していた地位に対して倒産法が変更を求め得るのか、その理論的根拠と限界につき、比較法的な観点から研究を進めていこうと考えています。
教育・研究への取り組み 専門は倒産法ですが、学部では民事執行法の講義を担当しています。
民事執行法も倒産法も、債権者による債権回収に際して適用が問題となり得る法ですから、これらを学べば、もちろん現実に役に立つこともあるでしょう。しかし、民事執行法も倒産法も、いずれも民事法の基礎である民法や民事訴訟法の応用ともいえる法であり、法律を学ぶことにより現実の困難に対処可能になるという実利的な観点もさることながら、これらを学ぶことで、法律相互のロジックの連続性という知的な面白さを発見することができます。この面白さを、講義やゼミを通じて皆さんと共有できればと考えています。
その他
受験生へのメッセージ 法律を学ぶということは、すなわち社会の仕組みを学ぶことです。社会で現に生じている事象に興味をもってください。
趣味・特技 旅行することが好きです。
出前講義
法律の世界 日本には現在約1890もの法律があります。法学部に入学すると、これら全ての法律の条文を覚えなければならないのでしょうか?いえ、そうではありません。あらゆる法律を読み解くキーワードとして、リーガルマインドと呼ばれる基本的な思考の道筋があります。実はこれを理解することが、法学部での勉強の第一歩なのです。このことを、わかりやすくご紹介します。