教員紹介

教員紹介

樽見 弘紀

政治学科
樽見 弘紀 教授
Tarumi Hironori

教育・研究活動
主要担当科目 公共政策論
研究テーマ 市民社会における、いわゆるNPO(非営利組織)の意味と役割を研究の中心テーマにしてきました。また、実践的な側面も含めて、市民主導の芸術文化政策にも関心があります。そのいずれも含めて、日本における新しい公共経営のかたちを考えています。
教育・研究への取り組み YouTubeなどの動画サイト等の活用による「反転授業」などの新しい授業メソッドを一部、試験導入しはじめています。また、ことあるごとに学生に海外留学や海外研修を勧めています。若い時分に、一時期、国外に身を置くことは、日本を相対化する(=日本のことがよくわかる)に他ならないからです。
その他
受験生へのメッセージ 古く中世ヨーロッパにおいて「法学部」は、神学部や医学部と並び大学の基礎をかたちづくった大切な学問領域の一つでした。これをもはや古色蒼然たるものと捉えるか、燦々(さんさん)と輝く学問の王道とするかは、ひとえにそこで熱心に学ぶ学生と、これを不断に鼓舞する教員にかかっていると思います。個人的には、依然その輝きは衰えない、と信じて疑いません。オススメです。
趣味・特技 古道具屋巡り、美術館巡り、はぐれカフェ巡り
おすすめの作品 アメリカの現在作家ポール・オースターの小説ならどれでも(特に『ムーン・パレス』新潮文庫)
出前講義
NPO、社会起業家と企業の社会化を考える NPOや企業の社会的活動が、従来の国や自治体主導の公共サービスのかたちを変えようとしています。民間営利組織(企業)や民間非営利組織(NPO)が実現する公共性にはどのような特徴があるのか、また、政府・企業・NPOが相互補完的に実現する公共サービスの新しいかたちとは何か、を具体的な事例にあたりながら考えます。