教員紹介

教員紹介

草間 秀樹

法律学科
草間 秀樹 教授
Kusama Hideki

教育・研究活動
主要担当科目 商法Ⅱ(会社法)
研究テーマ 主にコーポレート・ガバナンス(企業統治)に関する研究を行っています。企業統治とは、会社の不祥事を防ぐことを目的として、経営者(取締役)の行動を監視するための仕組みのことをいいます。人は、自分が行ったことが自らの利益に直接つながる場合には、そのために頑張る傾向にあります。株式会社(大会社)において利益が出ると、それは出資者(株主)の利益になります。しかし、大会社では、株主=取締役ではありませんので、会社の利益が取締役の利益に直接つながるわけではありません。そこで、取締役はついつい株主の利益にはならないが自らの利益になるよう行動してしまうことがありますが、それをどのように防ぐかを研究しています。
教育・研究への取り組み 研究については、問題の本質は何であるのかを熟考し、本質らしきものを探り当てたときにそれを他者にどのように説明するのか、ということを常に意識しています。皆さんも大学を卒業すると、就く職業や生活様式如何にかかわらず、同様のこと―今、最も大事なことは何であるかを真剣に考え、それを他者と話し合い、実現に向けて進めていくようなこと―を行うでしょう。そこで、教育については、私の専門分野である会社法に関する諸問題を素材として、何がそもそも問題であるのかを学生自らが発見し、その解決策に関する自らの考えをまとめ、それを他者と話し合うことにより理解を深め、より良い解決策を検討するということを行っています。
その他
受験生へのメッセージ 私は基礎力がとても大切であると考えています。基礎力は、問題を解決するための土台となるものです。皆さんは、今まで分からなかったこと(できなかったこと)が急に分かる(できる)ようになったという経験をしたことがあるでしょう。それはまさに、ある基礎力がしっかりと身に付いたことのあらわれであるといえます。そのためには根気も必要ですが、好奇心を持って取り組むと、苦手なことでも徐々に楽しくなってくるものです。誰でも紆余曲折、好不調の波はありますが、過去の自分とよく比較してみると、意外と成長している自分を実感できるのではないでしょうか。それに気が付いたら、また一つ頑張ってみましょう。
趣味・特技 スポーツは全般的にすることも見ることも大好きです。愛犬と遊んでいるときが一番癒されます。
おすすめの作品 司馬遼太郎「竜馬がゆく(一)~(八)」(文春文庫)
出前講義
もしもあなたが会社の経営者だったら~その経営判断は法的にセーフ?アウト?~ 会社の経営者(取締役)は、通常の取締役が払うべき注意を用いて職務を行う義務(注意義務)を負っています。取締役は、この義務に違反して会社に損害を与えた場合、会社に対して損害賠償責任を負うことになります。そうすると、取締役が下した経営判断が結果的に失敗に終わり、会社に損害が生じた場合には、取締役は注意義務違反を理由として、会社に対して損害賠償責任を負うことになるのでしょうか。もし、負う場合と負わない場合があるのであれば、その判断はどのようになされるのでしょうか。また、取締役が会社の利益になると思って行ったことであるならば、取締役は免責されるのでしょうか。これらについて、一緒に考えていきましょう。
法の意義~身近な事例を素材として~ 「法とは何か」という問い自体は難問でありますが、この講義では、身近な事例を素材として、刑事法と民事法の意義等についてお話ししていきます。例えば、自動車を運転していて交通事故を起こした場合―特に、酒酔い運転で人を轢き、逃げ帰ってしまったという悪質な事故の場合―には、加害者は、懲役(刑事施設に収容され作業を行う)などの刑罰を科されるとともに、被害者が被った損害(治療費や入院費等)を賠償する責任を負うことになります。前者を刑事責任、後者を民事責任といいますが、交通事故という1つの過ちに対して、どうして2つの制裁を科されることになるのでしょうか。このようなことについて、一緒に考えていきましょう。