学部の取組み

菊地久ゼミ


教員イメージ
菊地 久
(きくち ひさし)
教員詳細ページ 教員プロフィール大学サイト
分類 政治系
1部
ゼミテーマ 戦後日本の政党政治
2部
ゼミテーマ 幕末から明治の政治状況
教員によるゼミ紹介
[1部]今年は表題テ-マの演習を三部構成で進めた。まず(1)政党政治をめぐる理論、(2)日本の政党政治の特質、(3)「年鑑」の記録を追って見る日本政治の歩み。今年は(3)の段階に到って予定を変更し、朝鮮戦争前後の東アジアと日本をフォロ-しはじめた。
[2部]今年は表題のテ-マで、まず三谷太一郎『日本の近代とは何であったか』の読み合わせ、次に幕末の政権構想を一次資料で読み、最後に加藤弘之『隣草』で議会制紹介を押さえる。
ゼミ風景
  • ゼミ風景1

  • ゼミ風景2

  • ゼミ風景3

  • ゼミ風景4

ゼミ生によるゼミ紹介
<1部>
今年はおとなしめ、議論は活発ではなく先生が話す度合いが大きい。それでも予習して発表するのは自分の為になる。発表の割合は6回に1回の割合で程よい感じ。

<2部>
出身校:登別青嶺高校
きつくありません、でもゆるくもありません、結果ふつうです。緊張度は発表者以外に認められません。もう少し緊張度が高ければ。でも、今のアットホ-ムな感じは残しておきたいので、どっちかな-。