学部の取組み

館田晶子ゼミ


教員イメージ
館田 晶子
(たてだ あきこ)
教員詳細ページ 教員プロフィール大学サイト
分類 法律系
1部
ゼミテーマ 現代社会と人権
2部
ゼミテーマ 現代社会と人権
教員によるゼミ紹介
 2018年度は「民主主義と人権」というテーマで各自が研究発表し、ゼミ論を執筆しました。2019年度はグローバリズムと人権をテーマに、人権条約や外国人の人権などを扱う予定です。
 1学期は個人又はグループで文献を読み内容について発表します。夏休みは、学外見学(裁判傍聴、模擬裁判、北海道博物館など)や合宿を行い、ゼミ生の見聞を広げると共に、懇親を深めます。2学期は個人研究として、それぞれ自分でテーマを設定し、研究、発表、ゼミ論執筆を行います。
 これらの論文やゼミ活動をまとめて、年度末にゼミ論集として発行することが、ゼミの最終目標です。自分の興味のあることを楽しく学ぶのがゼミのモットーです。。
ゼミ風景
  • ゼミ風景1

  • ゼミ風景2

ゼミ生によるゼミ紹介
<1部>
渡邉 理久出身校:群馬県立伊勢崎商業高校 入学年:2017年(2年次編入)
このゼミでは憲法(特に人権)を中心に研究しています。日本の最高法規である憲法を取り扱い、今日の日本における憲法問題について議論をしたり研究をしたりしています。また、このゼミでは毎年後期に各自でテーマを決め、1人1本論文を書き上げ「ゼミ論集」を作ります。このゼミ論集は1年間の集大成となるため、ゼミ生全員が全力を出して書き上げます。論文を書く際にはゼミ生同士での質疑応答やディスカッションもあるため、質の高い論文を書くことができ、達成感も大きく、知識も寄り深く確実なものが身に付きます。「論文」と聞くと硬いイメージがあると思いますが、このゼミは硬すぎず緩すぎず、メリハリのあるとても良いゼミです。

<2部>
池田 大騎出身校:北海道帯広緑陽高等学校 入学年:2016年
館田ゼミは憲法、主に人権について扱うゼミです。毎年、前期は文献の輪読、後期は論文を執筆します。国家や社会の掟が憲法ですから、学科を問わず、学ぶ価値は高いと思いますし、憲法は高校までに学んだことがあるでしょうから、馴染みやすいと思います。