学部の取組み

過去の法学部カフェ(第21回~第30回)

第30回法学部カフェのお知らせを掲載しました。

「本にはすべての答えがある」
30_0130_02
日時 10月4日(土)14:30~16:30
話し手 久住 邦晴(久住書房社長)
聞き手 本田 宏(北海学園大学法学部教授)
北原 博(北海学園大学法学部教授)
場所 北海学園大学 豊平キャンパス 60番教室
対象 学生・教職員・一般の方々(入場無料)
主催 北海学園大学法学部
お問い合わせ 北海学園大学法学部事務室(電話:011-841-1161)
※「法学部カフェ」は、哲学カフェやサイエンスカフェなどの流行に倣い、北海学園大学・法学部教員の一人ひとりが抱えるテーマや問題意識を、市民のみなさんと一緒になって熱心かつ気軽に語ろうというアウトリーチ企画。大学構内や札幌圏内のみならず、ときに道内外の、各地・各所に「知の時間」を出前します。

第29回法学部カフェのお知らせを掲載しました。

「裁判の勝ち負けから 〈患者安全〉へ: 医療基本法はなぜ必要か」
29_0129_02
日時 9月9日(月)17:30~19:30
話し手 鈴木 利廣(明治大学法科大学院教授 すずかけ法律事務所弁護士)
聞き手 手嶋 豊(神戸大学大学院法学研究科教授)
中村 好一(自治医科大学医学部教授・医師)
山口 斉昭(早稲田大学法学部教授)
進行 千葉 華月(北海学園大学法学部教授)
場所 北海学園大学 豊平キャンパス 7号館3階 D30番教室
対象 学生・教職員・一般の方々(入場無料)
主催 北海学園大学法学部
お問い合わせ 北海学園大学法学部事務室(電話:011-841-1161)
※「法学部カフェ」は、哲学カフェやサイエンスカフェなどの流行に倣い、北海学園大学・法学部教員の一人ひとりが抱えるテーマや問題意識を、市民のみなさんと一緒になって熱心かつ気軽に語ろうというアウトリーチ企画。大学構内や札幌圏内のみならず、ときに道内外の、各地・各所に「知の時間」を出前します。

第28回法学部カフェのお知らせを掲載しました。

「台湾における民主主義と憲法」
28_0128_02
日時 2014(平成26)年7月28日(月)16:00~17:40
話し手 鄭 明政 (台湾国立勤益科技大学助理教授 / 北海学園大学法学部客員研究員)
聞き手 菅原寧格(北海学園大学法学部准教授)
鈴木 光(北海学園大学法学部教授)
場所 北海学園大学 豊平キャンパス 5号館6階 60番教室
備考 本講演会は,2部「多国籍企業論」の授業として開催するものですが、 1部「多国籍企業論」受講者,および同授業の受講以外の参加も歓迎します。
公務員志望者にとりましては,有益な話を聞く良い機会になると思います。
※「法学部カフェ」は、哲学カフェやサイエンスカフェなどの流行に倣い、北海学園大学・法学部教員の一人ひとりが抱えるテーマや問題意識を、市民のみなさんと一緒になって熱心かつ気軽に語ろうというアウトリーチ企画。大学構内や札幌圏内のみならず、ときに道内外の、各地・各所に「知の時間」を出前します。

第27回法学部カフェのお知らせを掲載しました。

「アメリカに学ぶレディ・ガガと一緒に社会を変える方法」
27_0127_02
日時 5月13日(火)16:10~17:40
話し手 エミリー・サスマン (社会活動家)
聞き手 寺下 ヤス子(在札幌米国領事館)
樽見 弘紀(法学部教授)
場所 北海学園大学 7号館 D31教室
対象 学生・教職員・一般の方々(入場無料)
主催 北海学園大学法学部
お問い合わせ 北海学園大学法学部事務室(電話:011-841-1161)
※「法学部カフェ」は、哲学カフェやサイエンスカフェなどの流行に倣い、北海学園大学・法学部教員の一人ひとりが抱えるテーマや問題意識を、市民のみなさんと一緒になって熱心かつ気軽に語ろうというアウトリーチ企画。大学構内や札幌圏内のみならず、ときに道内外の、各地・各所に「知の時間」を出前します。

第26回法学部カフェのお知らせを掲載しました。

「市民が守る平和」
26_0126_02

こんにちは。法学部教員で、法学部カフェ店長の樽見です。

今回の「話し手」は『地雷なき地球へ』(岩波書店)や『行動する市民が世界を変えた』(毎日新聞社)の著者であり、地雷やクラスター爆弾の廃絶を訴え続けてきた「行動する政治学者」の目加田説子(めかたもとこ)さん。関口宏の「サンデーモーニング」のご意見番として、日曜日の朝に、テレビでときどきお目にかかる彼女の、その端麗な容姿からは想像もつかないような平和へのあくなき願いと戦いを、この機会にぜひお聴きください。

今回のカフェには、目加田さんと『市民の道具箱』(岩波書店)の共著本もある札幌市長の上田文雄さんも「聞き手」として参加。他の「聞き手」には広島市長を3期務めた秋葉忠利さんや、市民運動研究の第一人者である本学法学部の本田宏さんも加わるという、これ以上ないゲスト陣です。ぜひご参加ください。

日時 12月14日(土)15:00~17:00
話し手 目加田説子さん(中央大学総合政策学部教授)
聞き手 上田文雄さん(札幌市長)
秋葉忠利さん(前 広島市長)
本田 宏さん(北海学園大学法学部教授)
進行 樽見弘紀さん(北海学園大学法学部教授)
場所 北海学園大学・豊平キャンパス
7号館2階D20番教室
対象 学生・教職員・一般の方々(入場無料)
主催 北海学園大学法学部
お問い合わせ 北海学園大学法学部事務室(電話:011-841-1161)
※「法学部カフェ」は、哲学カフェやサイエンスカフェなどの流行に倣い、北海学園大学・法学部教員の一人ひとりが抱えるテーマや問題意識を、市民のみなさんと一緒になって熱心かつ気軽に語ろうというアウトリーチ企画。大学構内や札幌圏内のみならず、ときに道内外の、各地・各所に「知の時間」を出前します。

第25回法学部カフェのお知らせを掲載しました。

「通信制高校の課題への挑戦:イラク人質事件から若者支援のNPO起業へ」
25_0125_02

こんにちは。法学部教員で、法学部カフェ店長の樽見です。

今回のゲストは今井紀明さん。イラクで人質になった18歳からちょうど10年。あの「今井クン」は大学卒業ののち商社勤務を経てNPOを立ち上げ、通信制高校をめぐる諸問題と向き合っていました。その、なぜ?

入場はもちろん無料。若者支援の問題にご興味のある方々はもちろん、自身の生き方やキャリアパスに関心の向きも、ぜひご参加ください。

日時 11月30日(土)14:40~16:40
話し手 今井紀明さん(NPO法人D×P共同代表)
聞き手 本田宏さん(法学部教授)
場所 北海学園大学・豊平キャンパス
7号館2階D20番教室
対象 学生・教職員・一般の方々(入場無料)
主催 北海学園大学法学部
お問い合わせ 北海学園大学法学部事務室(電話:011-841-1161)
※「法学部カフェ」は、哲学カフェやサイエンスカフェなどの流行に倣い、北海学園大学・法学部教員の一人ひとりが抱えるテーマや問題意識を、市民のみなさんと一緒になって熱心かつ気軽に語ろうというアウトリーチ企画。大学構内や札幌圏内のみならず、ときに道内外の、各地・各所に「知の時間」を出前します。

第24回法学部カフェのお知らせを掲載しました。

「なぜ僕らは外国語会話が苦手なのか」
24_0124_02

こんにちは。法学部教員で、法学部カフェ店長の樽見です。

何年も英会話の勉強をしているのに、いまだ話せるようになる気がしない――そんな悩みを多くの日本人が共有しています。一方で、今回の「話し手」、岩本和久先生のおひざ下・稚内では、スーパーマーケットのおばさんも、漁師のおじさんも多くの方々がロシア語を手中の道具とし、仕事に、日常生活にじゃんじゃん使っているというではないですか! その、なぜ?

岩本先生は、稚内で20年の長きに渡って、日本人にロシア語を、ロシア人に日本語を教えてきました。いまや国際会議の司会を英語でもロシア語でも見事にこなす同氏も、元は私たちと同様、外国語に苦手意識をもっていたとのこと。たとえば、「例文暗記の再評価」を、最果てのまち・稚内の魅力と一緒に語る第24回法学部カフェ。「聞き手」は同じくロシア語の名手・本学法学部教授の松戸清裕が務めます。

入場はもちろん無料。お時間の許す方はぜひお越しください。

日時 11月9日(土)14:40~16:40
話し手 岩本和久さん(稚内北星学園大学情報メディア学部教授)
聞き手 松戸清裕さん(法学部教授)
場所 北海学園大学・豊平キャンパス
7号館2階20番教室
対象 学生・教職員・一般の方々(入場無料)
主催 北海学園大学法学部
お問い合わせ 北海学園大学法学部事務室(電話:011-841-1161)
※「法学部カフェ」は、哲学カフェやサイエンスカフェなどの流行に倣い、北海学園大学・法学部教員の一人ひとりが抱えるテーマや問題意識を、市民のみなさんと一緒になって熱心かつ気軽に語ろうというアウトリーチ企画。大学構内や札幌圏内のみならず、ときに道内外の、各地・各所に「知の時間」を出前します。

第23回 法学部カフェのお知らせを掲載しました。

「震災と民法」
23_0123_02

こんにちは。法学部教員で、法学部カフェ店長の樽見です。

東日本大震災からの復旧・復興は依然として途半ばですが、今回は東京大学より著名な民法学者である河上正二さんをお招きし、「震災と民法」をテーマにお話しいただきます。

震災の年2011年の6月にスタートした法学部カフェでは折に触れ震災とフクシマの問題を考えてきました。今回、河上先生に「話し手」をお願いしました際、東北大学での教暦も長い同先生に本テーマでのお話をリクエストしましたところ快諾が得られ、「震災と民法」が実現しました。

なお、「聞き手」の一人、民法学者・石月真樹も東北大学の出身。もう一人の「聞き手」は、同じく民法界の若手のホープ・内山敏和が務めます。お時間のある方はぜひお立ち寄りください!

日時 10月19日(土)15:00~17:00
話し手 河上正二さん
(東京大学大学院法学政治学研究科教授)
聞き手 内山敏和さん(法学部准教授)
石月真樹さん(法学部講師)
場所 北海学園大学・豊平キャンパス
7号館2階20番教室
対象 学生・教職員・一般の方々(入場無料)
主催 北海学園大学法学部
お問い合わせ 北海学園大学法学部事務室(電話:011-841-1161)
※「法学部カフェ」は、哲学カフェやサイエンスカフェなどの流行に倣い、北海学園大学・法学部教員の一人ひとりが抱えるテーマや問題意識を、市民のみなさんと一緒になって熱心かつ気軽に語ろうというアウトリーチ企画。大学構内や札幌圏内のみならず、ときに道内外の、各地・各所に「知の時間」を出前します。

第22回法学部カフェのお知らせを掲載しました。

「中国の市民社会」
22_0122_02

こんにちは。法学部教員で、法学部カフェ店長の樽見です。

「中国の市民社会が熱いらしい」――そんな噂を耳にしたばかりの昨年末、駒澤大学の中国人研究者・李妍(りやんやん)さんの岩波新書『中国の市民社会』が上梓されました。驚いたことには、そこに描かれているのは党や政府にガチガチに縛られた従来型の市民活動団体(同書にいう「官製NGO」)のイメージとは一線を画し、新しい中国の市民生活を逞しく下支えする「草の根NGO」のビビッドな姿でした。

ちなみに、同書は2012年度「日本NPO学会賞」優秀賞を受賞するなど、その評価は日に日に高まるばかり。同時に、ヤンヤン先生は全国の大学や市民団体からの招きに応えるべく、段々と忙しくおなりです。よって、このたび10/5「法学部カフェ」に「話し手」としてヤンヤン先生を奇跡的にお招きできたのは、2020五輪の東京招致成功に並ぶ快挙、と自画自賛しておるところです。

「聞き手」にも高木晴光さん(NPOねおす代表)と田口晃さん(本学法学部教授)という北海道の市民活動をそれぞれ実践と理論で牽引されてきた第一人者のお二人をお呼びすることができました。多くの方々のご来場を心よりお待ち申し上げます。

日時 10月5日(土)15:00~17:00
話し手 李妍焱(りやんやん)さん
(駒澤大学人文学部准教授)
聞き手 高木晴光さん(NPO法人ねおす代表)
田口晃さん(法学部教授)
場所 北海学園大学・豊平キャンパス
7号館2階20番教室
対象 学生・教職員・一般の方々(入場無料)
主催 北海学園大学法学部
お問い合わせ 北海学園大学法学部事務室(電話:011-841-1161)

◆李妍焱略歴◆
1971年、中国・吉林省生まれ。吉林大学外国語学部日本語学科ご卒業ののち、東北大学大学院文学研究科人間科学専攻博士課程修了。専攻は社会学とNPO研究。現在、駒澤大学准教授の他、日中市民社会ネットワーク(CSネット)代表も務める。

※「法学部カフェ」は、哲学カフェやサイエンスカフェなどの流行に倣い、北海学園大学・法学部教員の一人ひとりが抱えるテーマや問題意識を、市民のみなさんと一緒になって熱心かつ気軽に語ろうというアウトリーチ企画。大学構内や札幌圏内のみならず、ときに道内外の、各地・各所に「知の時間」を出前します。

第21回法学部カフェのお知らせを掲載しました。

「役所の若者人材をもっと活かす!」
21_0121_02

こんにちは。法学部教員で、法学部カフェ店長の樽見です。

法学部教員の一人ひとりが抱えるテーマや問題意識を、市民のみなさんと一緒になって熱心かつ気軽に語ろうというアウトリーチ企画として一昨年の6月にスタートを切った「法学部カフェ」ですが、21回目の今回は道東・釧路市での出前開催。テーマは自治体の「若者人材」です。

長く続いた不況の影響で疲労度の高い地方都市の一つ一つが、その起死回生の策を探っています。釧路市とてその例外ではありませんが、蝦名大也(えびなひろや)釧路市長は、なかでも役所における若い職員の活用に注目しています。今回の法学部カフェでは、行政学が専門の佐藤克廣法学部教授が、まずは「自治体における多様な人材とは」を分かりやすく解説します。続く、蝦名市長×佐藤教授による対談にて「役所の若者人材」の活かし方を具体的に論じます。

道東方面にお住まいの方(お出かけの予定のある方も)、かの有名な幣舞橋(ぬさまいばし)を借景とする「7/6法学部カフェ in 釧路」にぜひ遊びにいらして下さい!

日時 7月6日(土)16:30~18:00
話し手 佐藤克廣さん
(北海学園大学法学部教授)
聞き手 蝦名大也さん
(釧路市長)
場所 釧路フィッシャーマンズワーフEGG
※MOO(幣舞橋側)に隣接
対象 一般の方々(入場無料)
主催 北海学園大学法学部
お問い合わせ 北海学園大学法学部事務室(電話:011-841-1161)
※「法学部カフェ」は、哲学カフェやサイエンスカフェなどの流行に倣い、北海学園大学・法学部教員の一人ひとりが抱えるテーマや問題意識を、市民のみなさんと一緒になって熱心かつ気軽に語ろうというアウトリーチ企画。大学構内や札幌圏内のみならず、ときに道内外の、各地・各所に「知の時間」を出前します。