学部の取組み

過去の法学部カフェ(第1回~第10回)

第10回法学部カフェのお知らせを掲載しました。

第10回 法学部×法科大学院カフェ
「プロボノ弁護士倍増計画」
10_0110_02

こんにちは。北海学園大学法学部教員で、法学部カフェ店長の樽見弘紀です。

 

「プロボノ」という言葉をご存知ですか? ボランティアの一つのジャンルですが、ボランティアなら役割は何でもいいというのではなく、本業で得た知識や経験、あるいは資格を十分に活かしたボランティアが、すなわちプロボノです。

 

最近、にわかに注目を集めるこのプロボノ、欧米では「プロボノ・ロイヤー」はプロボノの代名詞とされるほど、弁護士がこの分野を牽引してきた、といっても過言ではありません。ここ札幌にも、プロボノ活動に惜しみなく時間を割くプロボノ・ロイヤーの伝統が脈々と息づいています。

 

法学部や法科大学院に「弁護士教員」を数多く擁する本学にぴったりの今回のテーマ。テーマの重要性にかんがみて、「弁護士市長」の上田文雄札幌市長や、高校生の法律教育などに情熱を傾ける「弁護士高校非常勤講師」の上田絵理さんも特別にご参加いただけることになりました。

 

今回は、プロボノを考える、を通じて、「弁護士とは何か」、「資格とは何か」、そして、「働くとは何か」を深掘りする法学部カフェです。

日時 6月4日(月)16:00~18:00
話し手 中村誠也(弁護士・北海学園大学法科大学院教授)
聞き手 上田文雄(弁護士・札幌市長)
上田絵理(弁護士)
淺野高宏(弁護士・北海学園大学法学部准教授)
場所 北海学園大学・豊平キャンパス
5号館6階 60番教室
共催 北海学園大学法学部・北海学園大学法科大学院
お問い合わせ 北海学園大学法学部 011-841-1161(法学部事務室)
※「法学部カフェ」は、哲学カフェやサイエンスカフェなどの流行に倣い、北海学園大学・法学部教員の一人ひとりが抱えるテーマや問題意識を、市民のみなさんと一緒になって熱心かつ気軽に語ろうというアウトリーチ企画。大学構内や札幌圏内のみならず、ときに道内外の、各地・各所に「知の時間」を出前します。

第9回法学部カフェのお知らせを掲載しました。

北海学園大学法学部・札幌駅前通まちづくり株式会社共催
5月19日
チカホde法学部カフェ
「札幌駅前通地下歩行空間de真剣に議論してみる札幌の芸術家支援」
09_0109_02

こんにちは。北海学園大学法学部教員で、法学部カフェ店長の樽見弘紀です。今年度2回目の「法学部カフェ」は札幌における「芸術家支援」がテーマ。政治や経済がシュリンクし続けているかのような現在の日本社会で――とりわけ、ここ札幌で――私たちの生活にとって芸術はますますその大切さを増していると信じて疑いません。市民生活にとって芸術や芸術家が水や空気のように不可欠なものだと仮定したら、では、私たち市民一人ひとりはアーティストの底上げや、彼ら彼女らのここ札幌での芸術活動の下支えとどのように向き合えばいいのでしょうか。

 

今回のお話は、アーティスト・イン・レジデンス活動などを通じて、主として札幌に滞在する海外のアーティストを長く支援してきた柴田尚さん(NPO法人S-AIR代表)や、JR琴似駅そばの劇場「コンカリーニョ」を市民ベースで運営する斎藤ちずさん(NPO法人コンカリーニョ理事長)に加え、北欧などの芸術支援先進地域を観てきた本学の千葉華月(法学部教授)です。

 

さらに、大勢の市民が行きかうチカホ(札幌駅前通地下歩行空間)というロケーションに相応しいアーティスト「ロケット姉妹」の演奏も今回の「法学部カフェ」の楽しみ。懐かしいアコーディオンの音色と透明感のある優しい歌声が出色のシンガーソングライター・タテヤマユキと、さまざまな楽器やコンピュータを駆使し、ジャンルを超えた音楽を多数作曲・発表し続けてきた扇柳トールによる2人ユニットのライブ演奏にどうぞご期待下さい!

日時 5月19日(土)13:30~15:00
話し手 柴田尚(NPO法人S-AIR代表)/千葉華月(北海学園大学法学部教員)
聞き手 斎藤ちず(NPO法人コンカリーニョ理事長)
演奏 ロケット姉妹
・タテヤマユキ(ボーカル&アコーディオン)
・扇柳トール(ボーカル、ギター…etc.)
場所 札幌駅前通地下歩行空間「北3条西交差点広場」
共催 北海学園大学法学部
札幌駅前通まちづくり株式会社
協力 さっぽろあんだーぐらんどぷろじぇくとCHIKACHIKA
お問い合わせ 北海学園大学法学部事務室(電話:011-841-1161)
※「法学部カフェ」は、哲学カフェやサイエンスカフェなどの流行に倣い、北海学園大学・法学部教員の一人ひとりが抱えるテーマや問題意識を、市民のみなさんと一緒になって熱心かつ気軽に語ろうというアウトリーチ企画。大学構内や札幌圏内のみならず、ときに道内外の、各地・各所に「知の時間」を出前します。

第8回法学部カフェのお知らせを掲載しました。

法学部カフェ×おとなの学校 in 旭川
「すぐに始められる・ずっと続けられるNPO」
08_0108_02

日時 4月21日(土)午後1:30~3:30
話し手 樽見弘紀(北海学園大学教授・学部長)
聞き手 森田裕子(旭川NPOサポートセンター事務局長)
場所 旭川市市民活動交流センター CoCoDe
主催 北海学園大学法学部とCoCoDeの連続講座「おとなの学校」とのコラボ企画
お問い合わせ 北海学園大学法学部事務室(電話:011-841-1161)
※「法学部カフェ」は、哲学カフェやサイエンスカフェなどの流行に倣い、北海学園大学・法学部教員の一人ひとりが抱えるテーマや問題意識を、市民のみなさんと一緒になって熱心かつ気軽に語ろうというアウトリーチ企画。大学構内や札幌圏内のみならず、ときに道内外の、各地・各所に「知の時間」を出前します。

第7回法学部カフェのお知らせを掲載しました。

北海学園大学法学部・NPO法人さっぽろ自由学校「遊」共催
12/19 「法学部カフェ」
「英語で議論してみる貧困問題:
ネパールの子供たちに学校をつくるということ」
(原題 Love, Peace and Unity through Education: Helping Poor Children of Nepal) 07_0107_02

こんにちは。北海学園大学法学部教員で、法学部カフェ店長の樽見弘紀です。12月19日(月)は、11月に開催して好評を博した「英語で議論してみる」シリーズの第2弾。(前回のテーマ「トモダチ作戦」に続いて)今回は発展途上国の貧困と教育の問題を考える法学部カフェです。

 

今回の「話し手」は、「人生の半分を外国で暮らしてきた」ネパール人のディリップ・ビーケー・シュナールさん。日本で「つぼみ学校ポカラ」の活動を展開しながら、ネパールの子供たちの生活環境の向上のために力を尽くしています。「聞き手」はさっぽろ自由学校「遊」の滝口香織さんと店長の私、樽見が務めます。

 

前回の英語企画と同様、今回も通訳はなし。「英語で話す」に高いモティベーションを持つみなさんの参加を期待するのはもちろん、英語の勉強はこれから……まずは他の方々のお手並拝見と、いうみなさんの参加も大歓迎。法学部の学生のみならず、他学部、他大学の学生さんや一般市民のみなさんもウェルカムです。

日時 12月19日(月)18:45~21:00
話し手 ディリップ・ビーエー・シュナール(つぼみ学校ポカラ)
聞き手 滝口香織(NPO法人さっぽろ自由学校「遊」)・樽見弘紀(法学部)
場所 「カフェ・エストラーダ」(豊平区旭町5-2-26)
電話:011-831-4912
http://estrada2004.web.fc2.com/
※お店でワンドリンクご注文下さい。
※入場には整理券が必要です。整理券は法学部事務室まで(先着30名様限り)。
主催 北海学園大学法学部・NPO法人さっぽろ自由学校「遊」
お問い合わせ 北海学園大学法学部事務室(電話:011-841-1161)
※「法学部カフェ」は、哲学カフェやサイエンスカフェなどの流行に倣い、北海学園大学・法学部教員の一人ひとりが抱えるテーマや問題意識を、市民のみなさんと一緒になって熱心かつ気軽に語ろうというアウトリーチ企画。大学構内や札幌圏内のみならず、ときに道内外の、各地・各所に「知の時間」を出前します。

第6回法学部カフェのお知らせを掲載しました。

12/10 の法学部カフェは「哲学カフェ」!
「〈人生〉が一つの〈ゲーム〉であるという可能性を真剣に考えてみる: ゲームのメタフィジックス序説(の序説)」
06_0106_02

こんにちは。北海学園大学法学部教員で、法学部カフェ店長の樽見弘紀です。12月10日は、また新たな試みとしてお茶やコーヒー片手に「哲学する」法学部カフェです。

 

今回は、「話し手」の役割を川谷茂樹さん(法学部教授)が務め、対する「聞き手」を同僚の菅原寧格さん(法学部准教授)と学生代表の泉谷琢磨さん(法学部3年生)が引き受けます。

 

もちろん、「哲学する」に前々から興味はあるが、その経験もなく、方法もまるで分からない……という初学のみなさんの積極ご参加を期待。本学の学生や教職員のみならず、近隣の住民の方々や一般市民のみなさんのご来場も大歓迎いたします。

日時 12月10日(土)15:00~
話し手 川谷茂樹(法学部教授)
聞き手 菅原寧格(法学部准教授)・泉谷琢磨(法学部3年生)
場所 「カフェ・エストラーダ」(豊平区旭町5-2-26)
電話:011-831-4912
http://estrada2004.web.fc2.com/
※お店でワンドリンクご注文下さい。
※入場には整理券が必要です。整理券は法学部事務室まで(先着30名様限り)。
主催 北海学園大学法学部
お問い合わせ 北海学園大学法学部事務室(電話:011-841-1161)
※「法学部カフェ」は、哲学カフェやサイエンスカフェなどの流行に倣い、北海学園大学・法学部教員の一人ひとりが抱えるテーマや問題意識を、市民のみなさんと一緒になって熱心かつ気軽に語ろうというアウトリーチ企画。大学構内や札幌圏内のみならず、ときに道内外の、各地・各所に「知の時間」を出前します。

第5回法学部カフェのお知らせを掲載しました。

大震災を考えるシリーズ(その3)
第1部「写真でふり返るトモダチ作戦」(通訳あり)
第2部「英語で議論してみるトモダチ作戦」(通訳なし)
05_0105_02

こんにちは。法学部教員で、「法学部カフェ」店長の樽見弘紀です。

今回は、在札幌米国総領事館の領事、ジョン・テイラーさんを「話し手」としてお招きして、アメリカ軍による東日本大震災の復興支援活動「トモダチ作戦」(Operation Tomodachi)をふり返り、議論する法学部カフェです。

今回のテーマは「震災ボランティアに出かけるということ」です。

今回のちょっとした挑戦は第2部の「英語で議論してみる」カフェ部分。通訳を介さずに、身振り手振りをまじえての英語での議論にみなさんも参加してみませんか。本学の学生や教職員のみならず、一般の市民の方々、あるいは日本語を母国語としない外国の方々の参加も歓迎いたします。

日時 11月19日(土)
話し手 ジョン・テイラー(在札幌米国領事館 領事)
聞き手 上野之江(法学部教授)

◆ジョン・テイラー(John C. Taylor)広報文化交流担当領事のご略歴◆
2003年6月に米国国務入省。2009年8月に札幌に赴任する以前は、インドネシアの在スラバヤ米国領事館に広報文化担当領事、スウェーデンの在ストックホルム米国大使館に副領事として勤務。国務省入省前は、米国空軍に6年間従軍した。1995年にブリンガム・ヤング大学にて経営修士号を取得。1991年には同大学から日本語学学士を授与されている。

第1部会場 「写真でふり返るトモダチ作戦」(通訳あり)
場所 13:30-14:45 @豊平キャンパス7号館D31番教室
第2部会場 「英語で議論してみるトモダチ作戦」(通訳なし)
場所 15:00-16:30 @カフェ・エストラーダ
※第2部はお店でワンドリンクご注文下さい。
※第2部のみ、入場には整理券が必要です。整理券は法学部事務室まで(先着30名様限り)。
※「法学部カフェ」は、哲学カフェやサイエンスカフェなどの流行に倣い、北海学園大学・法学部教員の一人ひとりが抱えるテーマや問題意識を、市民のみなさんと一緒になって熱心かつ気軽に語ろうというアウトリーチ企画。大学構内や札幌圏内のみならず、ときに道内外の、各地・各所に「知の時間」を出前します。

第4回法学部カフェのお知らせを掲載しました。

「誰のため?震災ボランティア」
04_0104_02

こんにちは。法学部教員で、「法学部カフェ」店長の樽見弘紀です。

さて、私ども法学部では、先の6月より学内外から多彩なゲストを「話し手」としてお招きし、今もっとも気になる話題、ずっと知りたかったテーマについて、気軽かつ熱心に議論する「法学部カフェ」を開店しました。

今回のテーマは「震災ボランティアに出かけるということ」です。

私どもは先の大震災発生と同時、いま私たちに何が出来るだろうか、を学生と一緒になって考えました。また、速やかに制度を変更し、「震災ボランティア参加学生に対する単位認定」の仕組みを整えました。震災から半年、震災ボランティアに出かけるということ、また(私ども教員にとっては)震災ボランティアに学生を送り出すということを「法学部カフェ」の場で、あらためて考えてみたいと思います。

学生と教職員とを問わず全本学関係者の参加を歓迎します。また、広く一般の方々にも参加を呼びかけています。入場は無料。当日、直接会場にお越し下さい。

※入場は無料。ただし、お店でワンドリンクご注文下さい。
※入場には整理券が必要です。整理券は法学部事務室まで((先着30名様限り)。

日時 10月15日(土)15:00~(入場無料)
※お店でワンドリンク(420円~)をご注文下さい。
※入場には整理券が必要です。整理券は法学部事務室まで(先着30名様限り)。
話し手 鈴木かずえ(グリーンピース・ジャパン エネルギー/核問題担当)
聞き手 法学部教授・本田宏
場所 カフェ・エストラーダ (豊平区水車町5-2-26)
主催 北海学園大学法学部
お問い合わせ 北海学園大学法学部事務室(電話:011-841-1161)
※「法学部カフェ」は、哲学カフェやサイエンスカフェなどの流行に倣い、北海学園大学・法学部教員の一人ひとりが抱えるテーマや問題意識を、市民のみなさんと一緒になって熱心かつ気軽に語ろうというアウトリーチ企画。大学構内や札幌圏内のみならず、ときに道内外の、各地・各所に「知の時間」を出前します。

第3回法学部カフェのお知らせを掲載しました。

「国際環境NGOグリーンピースの挑戦-ノンフロン冷蔵庫から放射能監視まで」
03_0103_02

こんにちは。法学部教員で、「法学部カフェ」店長の樽見弘紀です。

さて、私ども法学部では、先の6月より学内外から多彩なゲストを「話し手」としてお招きし、今もっとも気になる話題、ずっと知りたかったテーマについて、気軽かつ熱心に議論する「法学部カフェ」を開店しました。

今回のテーマは「原発」です。

福島原発事故は、深刻な放射能汚染をもたらしています。第3回の法学部カフェは「話し手」として、現地の海水・海産物の放射能測定や、子どもたちを放射能の危険から守るための活動を行ってきた、国際環境団体グリーンピースの「エネルギー/核問題担当」の鈴木かずえさんを東京からお招きします。

グリーンピースは、泊原発についても論議を呼んでいるプルサーマル計画にも反対してきたほか、オゾン層の破壊物質を使わない「ノンフロン冷蔵庫」を日本でも開発・販売することを企業に求める活動で、成果を上げています。

「聞き手」は、国内外の原発問題に詳しく、『脱原子力の運動と政治―日本のエネルギー政策の転換は可能か』(北海道大学図書刊行会刊)などの著作もある本田宏法学部教授が務めます。

学生と教職員とを問わず全本学関係者の参加を歓迎します。また、広く一般の方々にも参加を呼びかけています。入場は無料。当日、直接会場にお越し下さい。

日時 10月1日(土)13:30~(入場無料)
※終演後は、公園内の「カフェアルテ」にて、お菓子やコーヒーなども楽しめます(こちらは有料)。
話し手 鈴木かずえ(グリーンピース・ジャパン エネルギー/核問題担当)
聞き手 法学部教授・本田宏
場所 豊平キャンパス7号館3階「D31教室」
主催 北海学園大学法学部
お問い合わせ 北海学園大学法学部事務室(電話:011-841-1161)
※「法学部カフェ」は、哲学カフェやサイエンスカフェなどの流行に倣い、北海学園大学・法学部教員の一人ひとりが抱えるテーマや問題意識を、市民のみなさんと一緒になって熱心かつ気軽に語ろうというアウトリーチ企画。大学構内や札幌圏内のみならず、ときに道内外の、各地・各所に「知の時間」を出前します。

第2回法学部カフェのお知らせを掲載しました。

「アルテピアッツァ美唄に流れる時間とは」
02_0102_02

彫刻家・安田侃さんが語る
「アルテピアッツァ美唄に流れる時間とは」
~北海学園大学「法学部カフェ」キックオフ企画第2弾~

こんにちは。北海学園大学教員で、「法学部カフェ」店長の樽見弘紀です。

さて、私ども法学部では、この6月からほぼ毎月1回の予定で、学内外から多彩なゲストを「話し手」としてご用意、あるいはお招きし、今もっとも気になる話題、ずっと知りたかったテーマについて、気軽かつ熱心に議論する「法学部カフェ」をスタートしました。

キックオフ企画第2弾として、「7月のカフェ」にお迎えするのは、北海道・美唄市が生んだ世界的に著名な彫刻家・安田侃さんです。

北海道に住まう私たちの多くが、たとえば、札幌駅・西コンコースの白大理石の大作「妙夢(みょうむ)」や、オープンしたての創成川公園のそこここに置かれた彫刻群で安田侃作品とすでに「遭遇済」ですが、まだ「アルテピアッツァ美唄」は未体験だという方にぴったりなのが今回の「法学部カフェ」。

イタリアから一時帰国ご予定のこの好機を捉え、ライフワークとして取り組んでいらした故郷・美唄市の彫刻公園「アルテピアッツァ美唄」のもつ美しさと豊かさの深淵に、作家・安田侃さん自らが道案内して下さいます。

北海学園大学関係者(学生、その親御さんや教職員…)のみならず、一般の方々の参加も歓迎します。入場は無料。当日、直接会場にお越し下さい。

日時 7月9日(土)16:30開演(入場無料)
※終演後は、公園内の「カフェアルテ」にて、お菓子やコーヒーなども楽しめます(こちらは有料)。
話し手 彫刻家・安田侃
聞き手 法学部教授・田口晃
場所 アルテピアッツァ美唄・アートスペース
(住所:北海道美唄市落合町栄町)
主催 北海学園大学法学部
お問い合わせ 北海学園大学法学部事務室(電話:011-841-1161)
※「法学部カフェ」は、哲学カフェやサイエンスカフェなどの流行に倣い、北海学園大学・法学部教員の一人ひとりが抱えるテーマや問題意識を、市民のみなさんと一緒になって熱心かつ気軽に語ろうというアウトリーチ企画。大学構内や札幌圏内のみならず、ときに道内外の、各地・各所に「知の時間」を出前します。

第1回法学部カフェのお知らせを掲載しました。

市長と考える「さっぽろの路面電車の未来」
01_0101_02

上田文雄市長と考える
「さっぽろの路面電車の未来」
~北海学園大学「法学部カフェ」キックオフ企画第1弾~

こんにちは。北海学園大学教員で、「法学部カフェ」店長の樽見弘紀です。

さて、私ども法学部では、今年度からほぼ毎月1回の予定で、学内外から多彩な「話し手」をゲストとしてご用意、あるいはお招きし、身近なテーマについて気軽かつ熱心に議論する「法学部カフェ」を開催することにしました。

キックオフ企画第一弾のお客さまは、先に「路面電車の延伸」をも選挙公約のひとつとして3選を果たされた、札幌市長の上田文雄さんです。内容は、
◆路面電車延伸で私たちの生活はどう変わるのか
◆そこを走る新しい車両はどんな電車なのか
◆路面電車を核に、今度どのような都市交通、都市計画の未来が描けるのか
などについて。入場は無料。来たれ学生!法学部だけではなく、経済・経営・人文・工、すべての学生を歓迎します。教職員・一般の方々の参加も大歓迎。当日、直接会場にお越し下さい。

日時 6月11日(土)13:30~15:00
話し手 上田文雄・札幌市長
場所 北海学園大学豊平キャンパス7号館D31番教室
※地下鉄東豊線「学園前」駅直結。ホーム「南出口」を上がり、「3番出口」から地上に上がれば会場の「7号館」はすぐ隣りです。
主催 北海学園大学法学部
お問い合わせ 北海学園大学法学部事務室(電話:011-841-1161)
※「法学部カフェ」は、哲学カフェやサイエンスカフェなどの流行に倣い、北海学園大学・法学部教員の一人ひとりが抱えるテーマや問題意識を、市民のみなさんと一緒になって熱心かつ気軽に語ろうというアウトリーチ企画。大学構内や札幌圏内のみならず、ときに道内外の、各地・各所に「知の時間」を出前します。