新着情報

お知らせ

第48回 学園札幌高校×法学部カフェのお知らせを掲載しました。

2018年10月17日

アメリカで生きる:女性として、判事として

48-148-2

今回は、ゲスト(「話し手」)としてアメリカで裁判官としてご活躍のトウコ・セリタさんをお招きしての法学部カフェです。
トウコ・セリタさんは札幌市生まれ。5歳のときアーチストのご両親と一緒にアメリカに渡って以来、女性として、アジア系アメリカ人として、公私ともに多文化社会アメリカを体現しながら、長くニューヨーク市で暮らしてこられました。今回は、北海学園札幌高校との共催での「法学部カフェ」ですが、いずれ海外を観たい、そして、できるならば将来、グローバルに働きたいと考える3人の学園札幌高校生と法学部生とが「聞き手」として一所懸命、英語でのインタビューにもチャレンジします。
いつものように、他学部の学生さんや一般の市民の方々のご参加も歓迎いたします。

日時 平成30年10月25日(木)17:00~19:00
話し手 トウコ・セリタ(ニューヨーク州クイーンズ郡最高裁判所判事代行)
聞き手 北海学園札幌高校・北海学園大学法学部 代表のみなさん
進行 樽見 弘紀(北海学園大学法学部教授)
場所 北海学園大学豊平キャンパス 5号館5階 50番教室
対象 学生・教職員・一般の方々 ※入場無料/事前申込不要
主催 北海学園大学法学部・北海学園札幌高校
お問い合わせ 北海学園大学法学部事務室(電話:011-841-1161)
※「法学部カフェ」は、哲学カフェやサイエンスカフェなどの流行に倣い、北海学園大学・法学部教員の一人ひとりが抱えるテーマや問題意識を、市民のみなさんと一緒になって熱心かつ気軽に語ろうというアウトリーチ企画。大学構内や札幌圏内のみならず、ときに道内外の、各地・各所に「知の時間」を出前します。