講座・イベント

講座・イベント

第55回 法学部カフェ & 第3回 地域連携カフェのお知らせを掲載しました。

企業法務を知ろう~北海道内企業法務の「今」と「これから」~

「『企業法務』ってなんだろう?」、「『企業法務』ってどんな仕事をするんだろう?」
法律に関わる職業と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、弁護士をはじめとする士業かもしれません。しかし、それだけが法律に関わる仕事ではありません。
そうです。「企業法務」という仕事があるのです。

今回の法学部カフェでは、北海道の企業に「企業法務」を定着させようと日々奮闘されている久保智人さんをお招きし、エキサイティングな「企業法務」の世界や、道内企業の「企業法務」事情について伺います。

日時 2019年12月11日(水)14:20~15:50(4講目)
話し手 久保智人さん
(企業法務Matching代表 サツドラホールディングス法務担当チームリーダー)
聞き手 岩淵重広さん(北海学園大学法学部講師)
佐藤佳菜さん(北海学園大学法学部政治学科3年)
場所 北海学園大学豊平キャンパス 41番教室
対象 学生・教職員・一般の方々 ※入場無料/事前申込不要
主催 北海学園大学法学部・地域連携推進機構
お問い合わせ 北海学園大学法学部事務室(電話:011-841-1161)

皆さんのご来場をお待ちしております。

※「法学部カフェ」は、哲学カフェやサイエンスカフェなどの流行に倣い、北海学園大学・法学部教員の一人ひとりが抱えるテーマや問題意識を、市民のみなさんと一緒になって熱心かつ気軽に語ろうというアウトリーチ企画。大学構内や札幌圏内のみならず、ときに道内外の、各地・各所に「知の時間」を出前します。

2019年度専門ゼミプレゼン大会が開催されました

2019年10月26日に、専門ゼミプレゼン大会が開催されました。
これまでプレゼン大会は1年生の基礎ゼミだけでしたが、2年生からの専門ゼミでもプレゼン大会を実施したいという声が上がり、今年になって初めて、専門ゼミのプレゼン大会が実現しました。

1部・2部合わせて12チームがエントリーし、予選から本選に勝ち進んだチームの中から以下の3チームが総合入賞を果たしました。おめでとうございます!

学長賞(最優秀賞) 石月ゼミ④「動物はモノか」
学部長賞  石月ゼミ③「不法行為に対する懲罰的損害賠償と利益の吐き出しについて」
学生賞  若月ゼミ②「北方領土の四島返還は可能か?」

学長賞「動物はモノか」

学部長賞「不法行為に対する懲罰的損害賠償と利益の吐き出しについて」

学生賞「北方領土の四島返還は可能か?」

表彰の前には審査員の先生方による講評もありました。

入賞できたチームもそうでなかったチームも、皆さん堂々たるプレゼンでした。運営スタッフの皆さんもお疲れさまでした!

第54回 法学部カフェのお知らせを掲載しました。

現代のSAMURAIを目指そう~士業とは~

弁護士、司法書士、行政書士、社会保険労務士…士業…出自には関わりなく、資格を取って開業すれば一国一城の主。それが現代の士(サムライ)。
でも、その資格はどうすれば取ることができるのでしょうか、実際の業務はどんなものなのでしょうか。

この講演では法律専門職に就く本学法学部出身にお集まりいただいた上で、資格取得や士業の業務についてお話しいただき、士業を目指す方の疑問にお答えしたいと思います。

日時 2019年11月1日(金)13:00~16:00
話し手 道下 有佳子(道下司法書士合同事務所)
澤井 利之(アンビシャス法律事務所)
聞き手 飯野 海彦(北海学園大学法学部教授)
場所 北海学園大学豊平キャンパス E23番教室
対象 学生・教職員・一般の方々 ※入場無料/事前申込不要
主催 北海学園大学法学部
お問い合わせ 北海学園大学法学部事務室(電話:011-841-1161)

皆さんのご来場をお待ちしております。

※「法学部カフェ」は、哲学カフェやサイエンスカフェなどの流行に倣い、北海学園大学・法学部教員の一人ひとりが抱えるテーマや問題意識を、市民のみなさんと一緒になって熱心かつ気軽に語ろうというアウトリーチ企画。大学構内や札幌圏内のみならず、ときに道内外の、各地・各所に「知の時間」を出前します。

北海学園クールセミナー「キャラクターコンテンツと著作権」を実施しました

9月7日(土)に北海学園大学クールセミナー「キャラクターコンテンツと著作権」を実施しました。

当日は、初音ミクの生みの親であり本学卒業生でもあるクリプトン・フューチャー・メディア株式会社の伊藤博之社長と、株式会社スタジオジブリの中島清文社長に、それぞれの会社のビジネス展開についてわかりやすくご講演いただき、そののち、スタジオジブリ総務部部長で法務担当の西方大輔さん、弁護士で著作権法に詳しい安藤誠悟さん、同じく弁護士で法学部教授でもある淺野高宏さんからコンテンツビジネスにおける著作権の考え方について説明していただきました。後半は5人によるパネルディスカッションと会場からの質疑応答が行われました。

当日のパネルディスカッションの一部は、2020年1月発行の法学部報に収録される予定です。

第53回 法学部カフェのお知らせを掲載しました。

法学部のこれから

世界の人口増加と日本の人口減少、グローバル化と科学技術の前進、司法制度改革、法曹養成制度改革、基本法典改正……。世の中の変化は法の変化でもあります。法学部生は何をもって社会に出て行くのか。法学部は学生に何をもたせて送り出すのか。今回の法学部カフェのテーマはずばり「法学部」。法を学ぶ意義や法学教育・研究のゆくえを考えます。
いつものように、他学部の学生さんや一般市民の方も歓迎します。

日時 2019年9月21日(土)15:00~17:30
話し手 内田 勝一(早稲田大学名誉教授・参与)
聞き手 谷本 陽一(北海学園大学法学部教授)
小倉 泰彦(弁護士)
安本 浩之(北海道新聞社編集局報道センター部次長)
場所 北海学園大学豊平キャンパス 6号館6階 C30番教室 
対象 学生・教職員・一般の方々 ※入場無料/事前申込不要
主催 北海学園大学法学部
お問い合わせ 北海学園大学法学部事務室(電話:011-841-1161)
※「法学部カフェ」は、哲学カフェやサイエンスカフェなどの流行に倣い、北海学園大学・法学部教員の一人ひとりが抱えるテーマや問題意識を、市民のみなさんと一緒になって熱心かつ気軽に語ろうというアウトリーチ企画。大学構内や札幌圏内のみならず、ときに道内外の、各地・各所に「知の時間」を出前します。