学科紹介

講義内容

法学部1年次

基礎教育演習
大学生となったみなさんが、自ら進んで勉強し、問題を発見し、研究することができるようになるために、基礎的な知識や技術の修得を目的とします。少人数のゼミナール方式でひとりひとりの力に見合ったトレーニングを行います。

テーマ(例)

  • 新聞を読む。日本語文章表現を鍛える
  • 調べて書く=フィールドワーク
  • 身近にある法律問題を自分たちで考える
  • 日本人および日本社会について考える
  • 「聞き書き」の技術 など

入門講義

法学部で何を学ぶかを知り理解を深めてもらうために、5つの入門講義が1年生の1学期に開かれています。

●公法入門

憲法・行政法をはじめとする公法は、私たちの生活を気づかないうちに律しています。公法が果たしている役割を講義し、理解を深めてもらいます。

●民事法入門

民法・商法・民事訴訟法などの民事法を学ぶうえで理解を容易にするための講義を行います。法律学一般にあてはまる法学入門的な内容も扱います。

●刑事法入門

刑事法とは、犯罪と制裁に関する法律です。刑法I・II、刑事訴訟法は相互に密接な関係をもっていますので、刑事法の全体像が理解できるような講義を行います。

●政治学入門

政治とは多様な利害の調整を図るものであり、政治が存在して初めて適切な立法・行政・司法が可能となるなど、高校の「政治経済」とは視点の異なる「政治学」の基礎を学びます。

●地方自治入門

市町村合併や道州制など最近注目される地方自治は、政治と行政の役割が最も身近に感じられる場です。地方自治のあり方を考え理解を深めるための基礎を学びます。
基礎講義

●憲法I

憲法とは一体どのような法であるのかについて、基本的人権の問題を中心に講義します。

●民法I

契約法と不法行為法の基本構造を学びます。契約法では、契約の意義・一般的効力、主要な契約の内容について概説します。不法行為法では、不法行為の成立要件について考察します。

●現代政治学

政治学は国や地方に限らず、人々の利害対立をいかに民主的な方法で調整し解決するかを探る学問です。講義では、変動する現代世界の民主政治の特色と課題について、資料によりつつ具体的に検討します。

政治学科所属後

政治学基礎講義

●行政学

行政には、私たちの生活の安全を保ったり、困っている人を助けたり、道路を整備したりなどさまざまな仕事があります。こうした行政の活動の必要性を理解し、役所仕事への疑問点を解明するための知識や考え方を修得することがこの講義の目的です。

●西洋政治史

現存する統治機構や政治制度は机上の産物ではなく、諸国の歴史の産物です。新たな制度が考案される場合も、歴史的経験が参照され反映されるのが常です。西欧の政治史を学び、国家や政治のあり方、政治制度についての理解を深めましょう。

●政治過程論

政治過程論は、現代政治がどのような力学で動いているのかを探究する学問です。現代政治全般で起こっている諸現象やさまざまな政治制度、政治構造の性質を理解し、我々市民が政治にどう関わっていけるのかを考えます。

●国際政治学

国際政治においては、戦争は重大な問題です。17世紀の西欧国家体系の成立から冷戦体制終焉後の現在までの国際政治の歴史を鳥瞰し、それぞれの時代に生きた人々がなぜ戦争を引き起こしたのか、さらに戦争を回避するためにいかなる努力を行ったのかについて考えます。

●憲法II

憲法学上の論点のうち、選挙運動・統治機構にかかわるものをいくつか取り上げて、それをめぐる政府見解や裁判例、主要学説の動向について講義します。

●地方政治論

日本の地方政治を、(1)中央・地方関係、(2)制度、(3)歴史、(4)データ分析の4つの視点から、できる限り最新の研究動向にふれながら概説します。

●公共政策論

公共政策の立案、実施、評価の各過程にはさまざまな市民や市民の集団がかかわっています。人は誰でも公共政策に参加して、自分達の関心事や利益を追求することができます。現代社会の多様なニーズに対応する公共政策とはどのようなものか、できるだけ多くの事例にあたって考えます。
政治学専門講義

●自治体学

現代社会の課題は、解決のレベルによって、国際社会の場、国レベル、自治体で解決する課題の3つに分けられます。そのために政府も三層構造となり自治体政府の役割が重要となっています。統治行政を市民自治の自治行政に転換するための自治体理論を考察します。

●社会調査

社会調査には、個別面談による聞き取り調査から質問紙を用いて収集された大量の数量データの統計分析までさまざまな方法がある。目的に応じた社会調査法の選択と調査結果の読み取り方を学ぶ。

●日本政治史

現存する統治機構や政治制度は机上の産物ではなく、諸国の歴史の産物です。新たな制度が考案される場合も、歴史的経験が参照され反映されるのが常です。日本の政治史を学び、国家や政治のあり方、政治制度についての理解を深めましょう。

●地方財政論

日本の地方財政史や地方財政の理論、世界の地方財政制度や状況についての講義を行った上で、現代日本の地方財政についての講義を行います。高齢者福祉・地域づくりと第三セクター・北海道開発庁と公共事業・市町村合併など北海道と密接な内容を材料とします。

●比較政治学

ヨーロッパを中心に政治の比較と比較政治学の案内を行います。「国民国家からヨーロッパ統合へ」、「政党の比較研究」、「ヨーロッパの政治事情」の3つの柱を立て講義を行います。

●国際機構論

国連をはじめとする政府間国際機構について、その組織や活動に関する基礎知識の修得を目的とします。国際法的なアプローチから国際機構の一般論も展開します。

●北海道政治・行政史I・II

Iでは、明治以降の住民運動に視点をあてながら、近代の北海道における地方政治のあり方を追究します。IIでは、第二次大戦後のわが国の大きな変動のなかで、北海道の政治・行政がどういった課題に直面し、どう対応してきたかを学びます。

●ジャーナリズム論

本講義では、ジャーナリズムの現状を踏まえつつ、それが抱えている問題状況を明らかにします。日本のジャーナリズムを中心に据え説明しますが、検討項目によっては、諸外国の状況も紹介・吟味することを目指します。
政治学応用講義

●政治学特殊講義

・自治体職員論
生きた地方公務員制度(法)を動態的に概説した後、「官僚制」についての議論を取り挙げ、その功罪を検討します。その上で、今後の行政システムの方向性とその中で期待される自治体職員の「将来像」について考えます。

●国際地域政治研究

・ロシアと独立国家共同体
ソ連崩壊後に誕生した独立国家共同体諸国は、経済問題や民族紛争を抱える不安定な地域です。現代ロシアとこれらの旧ソ連諸国との関係について講義を行います。

・コーカサス・中近東
1979年のイスラーム革命を経て政教一致の体制となったイラン、政教分離を国是としつつも近年イスラーム政党の躍進が見られ中東情勢で存在感を見せつつあるトルコ、両国と深い関係を持ちソヴィエト連邦崩壊によって新たな道を歩み始めたアゼルバイジャン、「アラブの春」によって大統領が辞任したエジプトの4国を中心に取り上げ、それぞれの国の政治を比較検討します。

法律学講義

法律学科の「主な講義内容」を参照してください。法律学基礎講義から専門・応用講義まで、すべての講義を「法律学講義」として学ぶことができます。

専門演習

テーマを特定して基本書を精読すると同時に、各自の課題を設定してグループ別に研究・報告を行います。担当の教員との密接な関係のもとで、それぞれの専門領域・関心領域について深く考えることがねらいです。

テーマ(例)

  • 行政官僚制の歴史的考察
  • 自治体をめぐる法的問題の事例研究
  • 市民と行政が一緒に創る芸術文化政策
  • 社会保障制度のあり方と国・地方の財政問題
  • 20世紀の世界と日本 など